思い当たることありませんか?
Q & A 集

.今のメガネが使いづらくて不満がある

.メガネは使う目的(用途)によっていろいろなレンズがあります。従って目的によってレンズを選ぶことが大切です。

1. ジュニアからヤング向け常用レンズ
・単焦点レンズ(上下同じ度数)
朝起きてから、夜寝るまでかけられるレンズ。但し、勉強や読書などを長時間する場合で弱い近視の方(-2度未満)は近くを見る時はメガネをはずしていても可。中程度の近視の方(-2度以上)は普段遠くを見るメガネは比較的良く見える度数(矯正視力1.0以上)にし、近くを長く見る場合、やや弱めに合わせたメガネを併用すると楽です。

2. 20代から30代の方
・ビジョンサポートレンズB (商品名:リラクシーライト)
遠くはよく見えるが最近、勉強やパソコン等長らく続けると「目が疲れやすい」と感じ始めた方、そんなあなたにピッタリのレンズが商品名「リラクシーライト」と言うレンズです。
これはレンズ上部に単焦点レンズと同様の度数が入っており、レンズ下部に少しプラスの度数(近くを見る時に目の筋力を助ける効果がある)が設計されています。


3.
 30代から40代の方
・ビジョンサポートレンズA (商品名:リラクシー)
近くを見るのに必要な目の筋肉の力(これを調節力と言います)は10歳位をピークとして年齢とともにだんだん低下してゆきます。そして30代から40代になるとちょうどパソコンを長らく続けたり手元の細かい文字を見続けていると調節力に負担が生じ、その結果目がショボショボしたり肩こりや頭痛も起きたりします。
このような目の状態の方はビジョンサポートレンズA(商品名:リラクシー)がお勧めです。このレンズを使用することにより疲れ目が驚くほど解消され楽に見続けることができます。(リラクシーとはリラックスして楽に見えると言う意味)
技術のヤマヒロでは調節力をきちんと測定し、リラクシーも体験することができます。

4. シニア向けレンズ(40代後半以上の方)
・年齢を経ると調節力が低下し、ピントの合う距離(近点)が眼からだんだん遠ざかって、手元の細かい文字が見えにくくなります(老視)
この様な場合、遠ざかった近点を手元に引き戻すためのメガネ(老眼鏡)が必要になってきます。
しかし、このような状況下では、それぞれ使用目的によって異なるタイプのシニアメガネを使い分けることにより、快適な視生活(近方視)を行うことができます。

○シニアグラスお選びポイント(目的別レンズ)50歳を過ぎたら……

.新聞や辞書等の細かい文字が見にくい

.老視(シニアアイ・俗に言う老眼)が始まっているかも知れません。

・老視は他の老化現象とは少し異なり、誰でも子供の頃から進行しております。眼は「近くを見る」とき、水晶体の形を変え、ピントを合わせます。このピントを合わせる力(調節力)10歳位 が一番ピークで以後、年齢と共に低下してくるのが老視という現象です。
老視は遠視・正視・近視すべての眼に起こります。それを知らずに無理して手元のものを見ようとしていると、いろいろな眼精疲労が生じてきますので早めの老視眼鏡(老眼鏡)の使用が有効な手段です。
「シニアグラスお選びポイント」
を参考にご自分の使用目的に合ったものをお選び下さい!

 



〜このページのトップに戻る〜


 日本眼鏡販売店連合会加盟 『SS級認定眼鏡士』

 

松戸市八ヶ崎8-15-1 
TEL 047-342-9627
店頭駐車場完備(地図拡大ページ)

 

営業時間
定 休 日

AM 10:00PM 7:00
毎週水曜・第1・3木曜
年末年始休業・夏期休業等休業有