シニアグラスお選びポイント

 

シニア向けレンズ(40代後半以上の方)
・年齢を経ると調節力が低下し、ピントの合う距離(近点)が眼からだんだん遠ざかって、手元の細かい文字が見えにくくなります(老視)
この様な場合、遠ざかった近点を手元に引き戻すためのメガネ(老眼鏡)が必要になってきます。
しかし、このような状況下では、それぞれ使用目的によって異なるタイプのシニアメガネを使い分けることにより、快適な視生活(近方視)を行うことができます。

新聞や辞書等の細かい文字が見にくい

老視(シニアアイ・俗に言う老眼)が始まっているかも知れません。

・老視は他の老化現象とは少し異なり、誰でも子供の頃から進行しております。眼は「近くを見る」とき、水晶体の形を変え、ピントを合わせます。このピントを合わせる力(調節力)10歳位 が一番ピークで以後、年齢と共に低下してくるのが老視という現象です。
老視は遠視・正視・近視すべての眼に起こります。それを知らずに無理して手元のものを見ようとしていると、いろいろな眼精疲労が生じてきますので早めの老視眼鏡(老眼鏡)の使用が有効な手段です。

 

〜このページのトップに戻る〜


日本眼鏡販売店連合会加盟  『SS級認定眼鏡士』

 

松戸市八ヶ崎8-15-1 
TEL 047-342-9627
店頭駐車場完備(地図拡大ページ)

 

営業時間
定 休 日

AM 10:00PM 7:00
毎週水曜・第1・3木曜

年末年始休業・夏期休業等休業有